襖の新調

襖(ふすま)とは、紙と木でできた間仕切り(パーテーション)です。
襖の構造を簡単にいうと、木の骨組みに紙を何層にも張り、縁(ふち)、引手などをつけたものです。
20120723-103238.jpg
戸ふすまというものがありますが、板戸にふすま紙を張れるようにしたもので、木枠にベニヤ板を貼りつけたもの。襖に比べると頑丈で、重いものになります。元々、襖はパーテーションですから、取り外しが楽にできることが前提になっています。外して持ち運ぶときに軽くないと襖とは呼べないのです。

正直残念なことに襖を新しく製作することは、あまりなくなってきました。「襖は、すぐ破けるから板戸(戸ふすま)にする」という事例が増えているようですが、襖はそう簡単に破れません。下張りを何層にも張ることで強靭なものになります。また、軽く、防音性、調湿性、柔軟性、修理が簡単にできるなどさまざまな機能があります。あの有名な物理学者のアインシュタインが日本を訪問したとき、指一本でスムーズに動く襖に驚いたと言う逸話も残っている程です。

そして襖は、すべてオーダーメイドなのです。上張り(襖紙)、縁、引手をそれぞれの色、素材、模様で組み合わせることで数万通りに及び自由自在にデザインできます。洋室に合わないなんてことはないのです。

こんなにいいものなのに、なんで少なくなっているのか不思議で残念です。

0 Responses to “襖の新調”


  • No Comments

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree