久しぶりです

お久しぶりです。地震の自粛モードも脱却しつつ仕事が戻ってまいりました。

久しぶりにレンガ調のクロスを張りました。
数年前に張った柄より本物っぽく見え、格段のプリント技術が進歩が見えました。張るのは、いつも通り苦労しましたけどね。

貼ってみたレポ

「EBクロス」を何種類か張ってみましたよ~ サンゲツさん。
なかなか貼りやすかったです。

よく見本帳を見てみると、「プラスチック系壁紙(その他)」と書いてある。
その割に、ビニール壁紙より表面がビョーんって伸びる。おかげで、角(出隅入隅)がおさまりやすい。糊を付けて置いてしばらくたっても、折れシワがつきにくいからので心配無用。表面は、柔軟性があって、しかも強い。汚れも落としやすいみたいです。

でも、突き付け貼りがちょっとビニールクロスより劣るかな。見本帳の後ろの方には… 基本的に重ね切りに適しており… と書いてあるから、まぁそうなんでしょうね。
張り替え(リフォーム)にも適した柄(凸凹した柄)が、多数収録されていて使えそう… ちょっと厚みが薄い(軽量化のせい?)けど。

ということで、今後の壁紙はどうなっていくのか…
塩化 ビニール樹脂系からプラスチック系に取って代わるのか?!

襖紙じゃなくても

戸襖にクロス(壁紙)を張ってみました。

別段、戸襖に何を張ってもいいんじゃないでしょうか?
戸襖が、和室にあるから基本的に襖紙の柄が合っているのは間違いないです。でも、壁紙を張ってもいいし、床材でも張ってもいいんです!
アクセント的な使い方もありだと思いますよ。

※ 戸襖に限ります。本襖(組子襖)には、難があります。

お鉢が回る

素人さんがふすまを張り、最初の何枚かはうまくいったらしいですが…
何枚かは手に負えなくなってしまったみたいです ↓

骨の状態からやり直して、なんとか復元しました。
「なかなか、難しいものですね…」
みんなうまく張れたらプロ入りませんから :cool:
餅は餅屋にお任せください。

アルミサッシ

障子の張替えが増えてまいりました。
たまにアルミサッシの障子が… 張替えが非常に手間のかかる障子です。
分解しないと張替えができない。
考えた人は、まったく張替えのことを考えてないのでしょうな。

分解したのを上から撮ってみました。

なんでこのような構造にしたのか意図がわからない。
糊は、ボンドではがれないし…. めんどくさし。

寒くなりましたなぁ

月に二回は更新したいと思ってるのですが、この様です。
お久しぶりです。

今は、クルーザーの船内のクロス張替えをしております。
一日中船の中にいると陸に上がっても体がふわふわ揺れています。
船の中といっても結構な面積があるんですよ。← はじめからわかってるかのように書いてるけど、自分もびっくりした

さて、そろそろ障子やふすまの張替えが増える季節になって…
もいい頃ですが、とんとない。
さて、どうしたものか… 多分、毎年のことで来月の中旬あたりから手に負えなくなってしまうのか!?

今なら余裕がと~ってもあります。
どうぞ年末に向けての障子、ふすま張替えのご注文は早めにお願いいたします。

トリムを使ってアクセント

通常トリム(ボーダー)は、壁面の腰下とトリムを挿んで腰上でクロスの柄を変えたりするわけですが、施主さんの希望によりアクセントの様に使いました。

天井にトリムで一つのラインを引きアクセントに。
壁紙(トリム)

余ったトリム(10m巻単位なのでどうしても余ってしまいます)でキッチンの壁に。
壁紙(トリム)

天井にトリムを使うって多分、業者の方では考えられません。施主さんのトリムの使い方には感心しました。