張り替える時間

年末に向けて今できることをやっておきましょう!障子を張り替えましょう!やりましょう!でも、自分で張り替える時間がない。当店にお任せください。きれいに素早く張り替えをいたします。

障子をお預かりに伺い、障子紙を剥がして、障子の桟(さん)の掃除をし、きれいな障子紙を張り、建て込みをして完了になります。障子の桟の破損を補修、建て合わせ(柱と建具の隙間)を修正も当然のことながら施します。その間、お客様は有意義な時間がつくれます。

‘張り替える時間’ の続きを読む

夏ですねぇ

最近、日差しが強くなってきて夏らしくなってきました。当店の入口は、ガラスがほとんどで日差しが強い日にはすごく店内が熱くなります。カーテンをやってもガラスが熱くなるのであまり効果はなくまたお店なので日中ずっとカーテンで幕をしているわけにもいきません。そこで、ガラスフィルムを貼ってみました。

ガラスフィルムは、地震などの災害のときにガラスを飛び散るのを防ぐ(飛散防止)ものとして最近とても関心されている商品です。ガラスフィルムには他にも特性が備わった商品があり、防虫効果、目隠し、UVカット、日照調整などがあります。
20120723-103534.jpg
当店のガラスには、日照調整と断熱効果のある商品を貼ってみました。貼った側のガラスからは、太陽光線が肌に当たった時のジリジリとした感覚はなくなった感じがします。
左側は、未施工。右側は、日照調整と断熱効果のあるガラスフィルムを施工済。
‘夏ですねぇ’ の続きを読む

襖の新調

襖(ふすま)とは、紙と木でできた間仕切り(パーテーション)です。
襖の構造を簡単にいうと、木の骨組みに紙を何層にも張り、縁(ふち)、引手などをつけたものです。
20120723-103238.jpg
戸ふすまというものがありますが、板戸にふすま紙を張れるようにしたもので、木枠にベニヤ板を貼りつけたもの。襖に比べると頑丈で、重いものになります。元々、襖はパーテーションですから、取り外しが楽にできることが前提になっています。外して持ち運ぶときに軽くないと襖とは呼べないのです。
‘襖の新調’ の続きを読む

下地が大事

私たちの仕事は、主に内装の最終仕上げ工事です。すべての工事が終わっても目に見える表面の仕事ですが、大工さんの下地、パテ(下地の石膏ボードのジョイントの凹みを埋める技術)などによって、出来が殆ど左右されます。下地が凸凹であればその上に貼るクロスも…
だから、下地が、またその処理がひじょーに重要だし、大事なんです。
20120715-141950.jpg

重ね重ね

20120616-080804.jpg
下田市内の店舗の床の張替えでした。
内装仕上職人になって、床材が6重に貼ってある現場は初!
経験上でこの材料の上に貼っても大丈夫とか2重に貼ることはあるけどそれ以上はあり得ない。この材料の上に重ねて貼る??
上から、CF、CF、CF、パンチカーペット、パンチカーペット、パンチカーペット、Pタイル!計7枚!!
施主さんや元請けにも手伝っていただき、全部剥がしてやりましたよ!
お疲れさまでした!
‘重ね重ね’ の続きを読む

夏に向けて

夏に向けて伊豆の南は、うごめいてますよ!
以前にもお仕事をいただきました南伊豆弓ヶ浜にあるペンションから引き続きお仕事をいただきました。
今回は残りのゲストルームと廊下、階段の床の張替えです。事前に既存パンチカーペットの剥がしはやっていただけることに。貼ることに専念しました!
メンテナンスが容易で土足でも耐久性のある長尺塩ビシートをを貼りました。

20120615-151007.jpg
‘夏に向けて’ の続きを読む