廣雅堂表具

ふすま、クロス張替え、カーペット、ブラインドなどの内装工事をお任せください!

対応する回答を見るには、以下の質問をクリックしてください。

#1 見積りに費用はかかりますか?

営業範囲内(下田市、河津町、南伊豆町、西伊豆町、松崎町、東伊豆町、伊東市、伊豆市)は、無料で御見積いたします。
その他の地域の場合には、柔軟に対応したいと思います。

#2 穴が開いた襖や縁の状態が悪い襖を修復ができる?

襖は、もともと木(骨)と紙でできているものです。骨がある程度折れても、補修できます。長年使っていれば紙が弱くなり破れたり、縁が傷がつくのは当然です。 襖のメリットは、部材が悪くなっても取り換えができるところです。縁が悪くなっても引手(取手)が錆びれてきても取換えが可能です。
また、建てつけ(建具の納まり具合。また開閉の具合。)も襖の張替えのときに修正ができます。

板戸(戸襖)や段ボール襖といった特殊な襖の場合には、修復が困難な場合がありますので、お問い合わせください

#3 新しくふすまを作れますか?

襖の専門家ですので、新調できます。家によって独特の傾きや幅、高さが違います。襖はその家に合ったオーダーメードです。
長年にわたりご使用いただけるように、1本1本丁寧に製作いたします。

ふすま新調の製作価格は、襖の仕様・規格などによって異なりますので、お問い合わせください

#4 クロス壁紙を選ぶときに悩みます。選び方は?

壁紙(クロス)は、種類が豊富にあります。それは誰であれ悩むところです。ではどうやって選ぶか?

まずは、壁紙の機能性によって使う場所で選んでみましょう。
抗菌・汚れ防止・耐久性・耐水性・消臭性・吸放湿性・通気性など、壁紙にはいろいろな機能があります。 たとえば、トイレの場合は、消臭・抗菌の機能があるもの。子供のいる部屋には、抗菌・汚れ防止・耐久性の機能があるもの。といった具合にその場所に合った必要な機能を選ぶことができると思います。

次に一番悩むのは、だと思います。
基本的には、壁より天井の方が明るめのものを選ぶと無難です。壁の色は、場所によって選びましょう。
たとえば、トイレには、水色やうすい緑などの清潔感のある色。居間は、家具に合った色。または、無地のベージュなどの落ち着いた色にするのが無難です。

無難では納得がいかない場合には、一面だけアクセントカラー(引き締める色、印象的な色)を用いると素敵なインテリアにできると思います。

#5 壁紙の張替えのとき、選ぶポイント

年月により下地が傷んでいる場合や現存の壁紙をはがしたときの状態によって、凹凸をなくすため下地調整を行うのですが、新規の場合と違い完全には補修調整が出来ません。

なるべく下地が目立たない、厚手の壁紙模様に凹凸があるものお推めします。多少下地が傷んでいても壁紙(クロス)を張替えた後、下地の状態が気になりません。各メーカーよリ、リフォーム用の見本帳がありますのでそこから壁紙を選ぶとよいと思います。

#6 お支払いは?

施工後のご請求になります。
現金または、銀行振り込にてお支払いいただいております。

ご参考になったでしょうか? その他のお問い合わせは、メールまたはお電話にて承ります。